ずっと先まで、明るくしたい。|九電グループ

クイズに答えてくらしをちょっと電化にするグッズを当てよう!バナーテキスト

STORY.1<part.2>世界と日本のCO₂削減の目標

世界と日本は2050年を目標に、 CO₂削減の取り組みを進めています。

経済成長率に比例して、 CO₂排出量は増加傾向にあります。

世界では、どの国や地域でCO2の排出量が増加しているのでしょうか。アメリカやヨーロッパ、日本などの先進国は、2005年をピークにほぼ横ばい状態ですが、中国、インドなどの新興国では目覚ましい経済発展とともにCO2の排出量も増加の一途を辿っています。今や、世界のCO2排出量の3分の2は新興国から排出されています。

世界のCO₂の排出量推移
世界のCO₂の排出量推移

(出典)原子力・エネルギー図面集

世界各国がCO₂の削減目標を設定。 日本は2050年までにCO₂実質ゼロが目標。

地球温暖化を防ぐため、パリ協定で世界共通の目標として「世界平均気温上昇を産業革命以前に比べて2.0℃より十分低く抑え、1.5℃に抑える努力をすること」が合意されており、各国も大幅なCO2削減目標を進めています。日本も「2030年までに2013年度の排出量と比べて26%削減すること」を目標にしています。さらに「2050年までにCO2の排出量を実質ゼロにすること」を表明し、取組みを始めています。

主要国のCO₂削減目標

日本のCO₂排出量はゆるやかに減少。

日本のCO2の排出状況を見てみると、2013年をピークに減少傾向です。2030年度に2013年度比26%削減を達成するには2.5億tもの削減が必要とされます。これは、日本人全員が年間に日常生活で排出するCO2の量に匹敵します。これまでのCO2削減のペースから予測すると、現時点では達成見込みにあるといわれています。

●日本のCO₂排出量の推移●日本のCO₂排出量の推移

(出典)「日本の約束草案」を基に作成

CHECK

各国がCO₂削減目標を達成しても、気温上昇を防げない可能性も。各国がCO₂削減目標を達成しても、気温上昇を防げない可能性も。

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の特別報告書では、パリ協定による加盟各国の現状の削減目標を達成したとしても、2030年から2052年の間に世界平均気温は1.5℃を超えると考えられており、1.5℃までの上昇に安定させるためには、CO2排出量をこれまで以上に削減していくことが必要です。

私たち日本は、 2050年の目標を達成できるのでしょうか?

日本が目標とする2050年度のCO280%削減や新たに表明した実質ゼロに向けては、現在の取組みだけでは難しく、2050年に向けて日本全体でさらなる取組みの進展が必要なのです。

日本の削減目標とCO₂排出推移

(出典)「日本の約束草案」を基に作成

地球温暖化の進行を止めるために、 より一層のCO₂削減に取り組む必要があります。

つかう人とつくる人で、できることを。

PAGETOP